New webLog$$

首都圏で奮闘するWebディレクター$$のブログ。

2015/12/1

【保存版】MAツールMauticの3つの特徴と導入ガイド

MAツールMauticとは?

Open Source Marketing Automation Mautic
https://www.mautic.org/

MauticはPHP製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)で、クラウドもオンプレミスでも利用が可能な、マーケティングオートメーションツールです。
マーケティングオートメーションツールは数多くあり、選択肢も豊富ですが、コストを抑えオンプレミスでマーケティングオートメーションツールを導入したい場合には最適です。

Mauticの三つの特徴

無料ですが、Mauticは優秀なマーケティングオートメーションツールと言えます。

無料

無料のマーケティングオートメーションツールも少なからず存在しているが、リード数やページビューによる従量課金である場合が多い。

Mauticはそれらの成約が無く、完全無料です。

導入が簡単

Mauticはクラウド、オンプレミスどちらでも簡単に利用が可能です。

オープンソース

既存で利用していCRMやSFAが有る場合、それらと連携するだけでなく独自の拡張製を持たせる事が出来ます。

ほかMAツールとの比較

Mauticの導入ガイド

Mauticは下記4ステップで導入が可能です。
システム要件としては、PHP、DB、cronが使えるサーバが必要です。

ステップ1:Mauticをインストール


ソース一式をサーバにアップしブラウザでアクセス


DB情報を入力


管理者情報を入力


メール設定情報を入力

m005
インストール完了です。

ステップ2:cronジョブの設定

Mauticは適宜cronで処理が走ります。サーバスペックを鑑みんて実施時間の調整が必要です。

リードリストの更新
php /path/to/mautic/app/console mautic:leadlists:update --env=prod
キャンペーンの更新
php /path/to/mautic/app/console mautic:campaigns:update --env=prod
アクションの実行
php /path/to/mautic/app/console mautic:campaigns:trigger --env=prod
メール送信※キュー配信の場合
php /path/to/mautic/app/console mautic:email:process --env=prod

 

ステップ3:Mauticの日本語化

Mauticの日本語化は多言語機能があるため、簡単にMauticを日本語化する事が可能です。

Mauticの日本語化

画面右上の「アイコン」から、Settingsメニューを開き、「Configuration」をクリックし、System Defaults項内の、Defalut Languageを「Japanese」に変更し、画面上部にある、「Save&Close」をクリックすれば、日本語化の完了です。

ステップ4:IP検索サービスのデータベースをダウンロード

IPアドレスから地域情報を参照するため、DBのアップデートが必要です。IPルックアップサービスを設定可能ですが、通常はデフォルト設定のままでOKです。

IPルックアップデータストアのアップデート

画面右上の「アイコン」から、設定メニューを開き、「設定」をクリックし、その他の設定項内の、「取得IPルックアップデータストア」をクリックし、ボタンの下に、成功が表示され完了です。

ステップ5:トラッキングコードをサイトへインストール

導入の最終ステップです。Mauticの日本語化とcornの設定が完了し、あとはトラッキングコードを張り付けるだけです。

<IMG SRC = "http://yourdomain.com/path/to/mautic/mtracking.gif" />

最後に

このページでは、Mauticの特徴と、インストールから、セットアップまでを紹介しました。
MAツールのMauticの使い方はまた、別の機会に紹介します。

PR

この記事へのコメント

FBコメント

コメントはお気軽に

メールアドレスは公開されません。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連する記事